キレイに切除しよう【いぼを治療で取りたいという場合は医師に相談】

サイトメニュー

美容外科の皮膚病治療

顔に触れる女性

皮膚科との違いを知る

顔のいぼを切除するほとんどの場合は皮膚科クリニック治療を行いますが、それよりは美容外科に行ったほうがきれいな仕上がりになるのでお勧めです。皮膚科で行われている切除手術は医療用ハサミで切ってしまうか、液体窒素で固めてピンセットをつかった除去するかの外科的手法となっています。しかし美容外科の場合はそういった器具に頼らない方法が多くあり、炭酸ガスレーザーや漢方薬を使った治療を行っていくことができるのです。これらは痛みがなく施術が終わった後の肌がとてもきれいな状態になるので、女性の顔にできたいぼなどにとてもよく使われています。レーザーや漢方薬といっても治療前の準備と申し込みの方法は普通の治療と同じであり、場合によっては保険が適用されるので安心です。炭酸ガスレーザーは一回の施術で簡単にいぼを切除できますが保険の適用されない治療であり、漢方薬などを使った治療のほうが安く終わります。治療期間と費用に気を付けてどんな施術がいいのかを考え、一番自分のいぼにあった切除方法を模索していくと失敗することはないでしょう。いぼの切除に関する基礎知識を持ち合わせている人はまずいないので、まずはネットで調べるか受診した際に医師によく説明を受けておきましょう。最初に診断された段階でどういった種類なのかを知ることができるので、そのいぼの名前を検索していけば素人でも理解していくことは簡単にできます。まずウイルス性のいぼはプールなどでも感染することがあり、一刻も早く治療する必要がある病気なのでこのことはよくわかっておくべきです。ウイルスでなければいきなり次の日に悪化したり人にうつしたりする心配もないので、じっくり時間をかけて治療していくといいでしょう。炭酸ガスレーザーは高額ですがその反面いぼに即効性のある治療方法であり、くりぬく切除をすることができるのでたいていの場合はやるべき施術です。そのほかにもクリームを塗布していくことでといぼを小さくしていくやり方もあるので、すぐに治さなくてもいい場合は漢方薬と一緒に処方してもらうといいでしょう。市販薬のほうが安いというのは誤解であり、保険の適用される処方される薬のほうが効果が高く安いことはよく知っておくと経済的に治療ができます。