キレイに切除しよう【いぼを治療で取りたいという場合は医師に相談】

サイトメニュー

できものを確実に取り除く

看護師

クリニック選びと活用法

体や顔にできてしまういぼなどのできものは、そのまま放置すると悪化することが良くあるので早めにクリニックを受診することをお勧めします。その受診するクリニックを選ぶ際には、皮膚科と美容外科のどちらかを選ぶことになりますが基本的には皮膚科がいいでしょう。それというのも皮膚科クリニックの施術はいざ施術するとなるとその日のうちに処置してもらうこともできるので、素早く治すのにはもってこいなのです。また、美容外科クリニックの機材を使わなければ傷跡が残ってしまうといった場合には、信頼できる大手美容外科を紹介してもらえるので安心といえます。いぼの切除自体は液体窒素で固めて除去するという魚の目などと同じ手法が基本ですが、それはあくまで除去を優先的に考えた施術です。傷跡を残すべきではない肩や顔の場合は適切な処置をしなければ傷跡が残るだけでなく、痛みも残ってしまうことがあるので気を付けなくてはいけません。クリニックの活用法としてはいぼを切除した後のこともしっかり考えて施術内容を選べば、満足いく結果を得ることができるでしょう。いぼの切除はメスや医療用ハサミで切ってしまうやり方のほかに、美容外科クリニックで受けることができる炭酸ガスレーザー治療が存在します。切除というよりもいぼの細胞を焼いてピンセットで取ってしまうというやり方ですが、これは傷跡を残さずに素早く処置できるので人気の高い施術です。ただ保険が適用されないためコストがかさんでしまうことが難点なので、そのことをよく理解したうえで医師に頼むようにしましょう。レーザー治療はよくウイルス性のいぼに使われており、どんな状態でもきれいな状態の肌に仕上げることができるので多くの人が受けています。液体窒素で固めて取ってしまうやり方は痛みを伴う上に傷跡が残る可能性があるので、医師にレーザーを進められた場合は従ったほうが無難です。小さなものは数秒で焼けますが、大きないぼになると数分にわたって焼く必要がありさらにコストがかさんでしまう傾向があります。それでも高い人気となっているのでそれだけ傷跡や痛みを避けたい人が多いことであり、アフターケアも適切に実施できるからです。