キレイに切除しよう【いぼを治療で取りたいという場合は医師に相談】

サイトメニュー

それぞれの治療方法

水着姿の女性

治療後の状態に差がある

市販薬も多く販売されていますが、いぼには種類があり、もしもウイルス性である場合は他者に感染したり他の部位に移ったりする危険性があります。自然に改善する事はほとんどないので医療機関で治療を受ける事が推奨されます。いぼを放置しておく事で命の心配はほとんどありませんが、増殖や肥大の可能性はあります。また首や顔など露出している部分にできると、見た目も悪くなります。医療機関で治療を受ける場合、風邪など同様に一般的な病院を受診する方法と一緒です。皮膚科に通院してどの様な種類かを診察してもらい、切除か服薬療法などを医師と決めていきます。一般的な病院では、受診したその日に切除して治療を開始されます。病院は疾病を治療する機関なので、いぼを完全に取り除いて再発をしない様にする治療が行われます。その為、治療跡も残さない様に綺麗にする事は目的の範囲には含まれていません。綺麗にしたい場合は、見た目を改善する事を目的としている美容整形外科クリニックが適しています。この場合も一般的な病院への受診同様の流れですが、その日に治療する事はなくカウンセリングが必ず行われます。費用や治療方法について同意してから別日に施術が行われます。皮膚科で保険を使って受けられる治療方法は限られています。液体窒素・電気メス切除術・漢方による服薬療法などです。いぼを治療できますが、完全に修復するまで時間が掛かったり、手術跡が残ったりする場合もあります。綺麗に取り除ける手術方法としてレーザー治療がありますが、保険適用外の治療方法になります。保険がきかないので費用は高くなりますが、それでもレーザー治療を選択する方が増えています。特に女性の方に人気であり、いぼによる見た目が悪くなるのも、手術による色素沈着なども避ける為に活用されています。美容業界では研究も盛んに行われており、レーザー機器の開発も日夜行われています。主流である炭酸ガスレーザーはいぼに含まれる水分に反応して蒸散する際に取り除く作用があります。電気メス切除術では周辺の皮膚にもダメージがありますが、この手法ではいぼ以外の皮膚にダメージは掛かりません。また液体窒素では患部は変色してとれるまで赤黒いいぼが残りますが、レーザーは除去した後は少々赤みが残りますが、ダウンタイムは非常に短く済みます。この様に治療から元に戻る時間も短く、目立たない治療方法なのでレーザー治療を選択する方が多いです。